松熊グループ
 
社員教育 土地活用 設備事業 岩盤浴施設パイン•ベアー 健康関連グッズ 介護事業 健康住宅

松熊グループの土地活用

サービス付き高齢者向け住宅とは

高齢化が急速に進む中で、高齢の単身者や夫婦のみの世帯が増加しており、
介護・医療と連携して高齢者を支援するサービスを提供する住宅を確保することが極めて重要である一方、サービス付きの住宅の供給は、欧米各国に比べて立ち後れているのが現状です。
このため、高齢者の居住の安定を確保することを目的として、バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携し高齢者を支援するサービスを提供する「サービス付き高齢者向け住宅」の都道府県知事への登録制度を国土交通省・厚生労働省の共管制度として創設しました。

サービス付き高齢者向け住宅での土地活用のメリット

収益性だけでなく、福祉にも貢献性のある、新たな土地活用の形です。

btn_back_to_top